コメントする

2019年の抱負

あけましておめでとうございます!本年もRSBをよろしくお願いいたします!

RSBの2018年は限定品の製作販売や新装開店で非常に楽しい1年でした。

2019年も良い年になる事を願って、ライジングサンベルトの今年の抱負をシェアしたいと思います!

1.長州力選手引退記念 RSB限定品を拡充

2019年6月26日に引退される長州力選手を記念して、長州選手が獲得したチャンピオンベルトのうち2本のレプリカをRSB限定品のラインアップに追加します。

1つ目はグレーテスト18クラブベルト!

このベルトはワールドマーシャルアーツ王座ベルトを元に製作されたベルトですが、今回もどこよりも再現度が高いレプリカを今回も目指します。

2本目はWWFインターナショナル・ヘビー級王座王座ベルト!

長州選手のかませ犬発言に端を発した藤波辰爾選手との名勝負数え唄で争われたこのベルト。

2.革加工に着手

合皮ストラップを本皮に張り替える依頼は開店よりずっと頂いていましたが、外注に頼らざるを得ず費用が高くなっておりました。専門店としてのレベルアップのため、設備が用意でき次第少しづつでも出来る範囲で始めます。

ずっと躊躇していたのはストラップ製作がとても労働集約型だからです。多くのベルト職人達の納期が延びてしまうのはこのためです。

当店では違う方法でやるつもりです。対応できるベルトに制限はありますが価格面と納期では競争力のあるサービスを提供出来ると思います。

3.中古買い取りの再開

メルカリでC2Cが普及して古物商免許というものの意義が薄くなってきましたが、やはり専門店として再取得すべきだなと思ってます。

4.どこかで展示

当店はネットショップなので、お客様が商品を生で見て検討する事ができません。高額なリアルレプリカなら目で見て検討したいというお気持ちはもちろん私も分かります。

以前中野サンプラザでショーケースをレンタルしてFandubelts製のバックランドモデルを展示販売した事がありました。残念ながら売れませんでしたがサイトへのアクセス増加にはつながりましたし、レンタルショーケースショップの方によれば注目度は高かったそうです。

つまり、展示する事自体は正解で、もっと購買意欲の高いお客様がいるところに置くべきでした。

どこかプロレスグッズを扱うお店で限定品だけでも展示販売したいと考えています。

そんな訳で

2018年に続き、今年もチャンピオンベルトを愛するみなさまのためにライジングサンベルトは邁進していきます!

本年も宜しく御願い致します。

コメントを残す