コメントする

国産AWAに向けて - #2「素材」

主要なパーツの注文がやっと出来ました!

卸業者からの仕入ですので注文総額に下限があり、一度にベルト4本分のパーツを注文する事に・・・

海外にも売り込む予定なので使いきれる・・かな?

さて、今回は国産AWAに使う素材について。

調べたところによると、オリジナルのAWAベルトにはアルミと真鍮が使われていたようです。デザインは全て手彫りでしたので、加工しやすいアルミは納得ですね。

国産AWAでもアルミと真鍮を使う予定ですが、メッキについて迷っています!

この目で実際に見たことはありませんのであくまで写真からの印象ですが、ニック・ボックウィンクル氏が持っていたオリジナルは作られてから40年近く経ってもキレイな状態を保っていました。もちろんアルミの錆びは目立ちにくいですし真鍮の青錆は落としやすいのでニック氏がしっかり手入れされていたのでしょうが、やはりメッキが施されていたのは間違いないと思います。

そこで、

表面保護を目的として「メッキをしない」

美観を目的として「メッキをする」

の二つで迷っています。

表面保護ならアルミにアルマイト処理、真鍮に何らかの保護処理

美観ならアルミにクロームメッキ、真鍮に金メッキ

う~ん、加工業者さんにしっかり相談したいと思います。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

プロレスのチャンピオンベルトについてなら何でもお問い合わせください!

当店のベルトだけでなく、ネットで見つけたベルト、市販のレプリカなどについても時間があればお答えします!

欲しいチャンピオンベルトが見つからない?ぜひ当店のリクエスト機能をご利用ください!世界中から探します!

****************************************************************

チャンピオンベルト専門店 ライジングサンベルト

mail:info@risingsunbelts.com

****************************************************************

コメントを残す